太陽光発電のための装置とサービス

profilo.d1370253385

新たな油層の発見により”石油時代”がまだまだ続くと言われています。ですが、再生可能エネルギーはそう遠くない未来においてエネルギーの主要な位置を占めるでしょう。この話は、Soluzione Solareの設立者が石油採掘企業に経験を詰み、その後、太陽光発電設備開発・施工の企業に勤めた2001年に端を発します。この道で培った多くの知識が、Soluazione Solareを設立させました。

太陽光発電設備の実現に伴って得た多くの経験は、即時利用が可能な装置の施工を可能なものとし、さらに2009年より太陽光発電に関わる製品の幅を拡大し始めました。

ソルツィオーネ・ソラーレは:
主に日射計、また風速計を製造する企業です。お客様は、システムインテグレーターや施工業者、管理会社、研究所、太陽光発電・風力関係設備への投資者などと様々です。

これら日射計などの計測器は、イタリア国内から国外まで、多くのお客様にご購入いただいております。

Bersaglio1.d1427121703
二つの集積部は試験を終えたばかりのサンメーターのロットが計った放射量の値です。同様のロットの環境内ではそこそこの正確性とそれぞれの値にずれが少なく調整の効果が見られますが、実際の値からは離れています。(中央の縦の線)
Bersaglio2.d1427121709
標準器を使った調整を通して正確な値に近づけます。
規格IEC 60904存在しない60904-6を除いたIEC60904-1からIEC60904-10までの9つの規格をまとめていう。全てC.E.I.によって受け入れられる。イタリア語有。太陽電池型センサーの実現や調整に関する規格は本質的に以下のものです:

  • IEC 60904-2 -太陽光装置の基準に関する規定
  • IEC60904-9 - ソーラーシミュレーターのための規格

これらは以下の規格と結びつく:

  • IEC60904-3 太陽スペクトルの基準と太陽光発電装置の計測の原則
  • IEC60904-4 -太陽光装置の基準-調整の筋書決定のための手順
  • IEC60904-8 – 太陽光発電装置のスペクトル反応の計測

最後の二つは研究所やソーラーシミュレーター製作者に関係している。IEC60904-4は全天日射計や直達日射計、またWRR(世界放射基準)において基本的な規格。

製造について:
私たちの計測器は、その構成要素である精確な部品製造によって正確性と一貫性が保証されています。
太陽電池の温度変化における信号を補完する回路によって、これらの機器は予測範囲内のあらゆる温度条件下でも、同じ値を返却します。
さらに、特別な処理を施すことによって、経年による測定能力の劣化を防ぎます。

製品は良質な素材によって作られ、IEC EN 61215(太陽電池モジュールの経年劣化に関する認証規格)に準じた老朽化試験をクリアしています。

しかしながら、生産過程で得られる計測の正確性や安定性は、精度を保証するには十分と言いきれません。よって、適正な試験用機器を使った調整プロセスを経て、製品の質を確かなものにしています。

調整について:
計測器は一つ一つ、弊社の標準器を使用して個々に調整されます。太陽電池型計測器においては、フラウンホーファー協会(DAKKSとして認定 (ドイツの認定機関))によって調整された標準器で調整が行われます。サーモパイル型計測器には、弊社の標準器と、有名メーカーで製造・調整のされた二次標準の日射計による調整が行われます。

また、規格IEC 60904-2 (太陽電池型センサーについて)と ISO 9847(サーモパイル型センサーについて)に基づき調整が行われます。

使用している機器は、定期的に調整をされた測定器です。

この方法により、私たちの計測器は度量衡学に精確な標準器と同等の性能を有すると断言できるわけです。

しかし、この種のセンサーは屋外で利用され、最後の最後までその役割を全うしなければいけないということを忘れてはいけません。
私たちは生産過程の工夫から、オプトエレクトロニクス装置にとって避けて通ることのできない経年変化の問題を抑えることができました。
調整レポートにおいて推奨されるキャリブレーションインターバルに従うことで、センサーがUNI EN 30012の規格の示す較正範囲内から出ることを防ぎます。

何に向かって発展していくのか:
私たちは200の天気ステーションを持ち、そのうちの100ほどには日射計が備わっているテオロのARPAVの気象学機関と長く続く協力関係を持ち、そのことが私たちの日射計提供の向上を後押しします。profilo7.d1372061894

私たちは常に成長し続けたいと思っています。そのことが、私たちが多くの計測器やアクセサリーを開発することを後押しし、それによって太陽光発電設備や風力計の設置など、全ての必要に最善の注意と最善の方法で応えられるようになってゆきます。

現場の作業員から発信される必要性にも的確に応じられるように、カスタムセンサーの要求も検討します。

profilo8.d1372061832サービスの提供:
センサーの構築をするとともに積み重ねられた知識は、他社製作の太陽放射センサーの調整や通常のサービスを越えたメンテナンス、太陽光発電設備の試験などを提供できるようにしています。

最後に、ソルツィオーネ・ソラーレは統合太陽光発電設備における経験によって、ウォータープルーフの側面をもつシステム、インテグラを提案します。それは温室や庇などに最適な、屋根の素材としての機能をモジュールに持たせることのできる製品です。