『PYR1-420』ファースト・クラス 日射計

製品概要

PYR1-420はISO 9060で規定されているファースト・クラスに準拠したサーモパイル型日射計です。

pyr1日射計の基幹部は、サーモパイル型日射計の製造において名高い某企業との協力で、長きに渡りその分野に携わったイタリア企業によって発展しました。

これは、拡張線形性、電波妨害への耐性、時間や温度変化への対応などにおいて、市場に存在する最高品質の増幅器を備え、サーモパイルから発生する極めて弱い信号を増幅します。信号は4-20mAに標準化されます。この信号のアナログ出力の方式(カレントループ)は配線の容易さ(2線式のケーブル)や、電磁波の侵入や数十メートルほどの距離でも発生する信号の縮小の影響を受けにくいことが特徴です。

この日射計は気象用途や、EPC契約もしくはO&M契約内での太陽光発電設備のパフォーマンス管理に適しています。

製品特徴

  • サーモパイル型計測器pyr1b
  • 半球型の高透明性光学ガラス二重ドーム
  • アルマイト処理された外装
  • 4-20mAカレントループ出力 4mA(± 0.01mA)@0W/m2、  20mA(±0.03mA)
  • カレントループケーブルが50mまでの距離をカバー
  • 環境的要因に対する耐久性
  • ISO 6090に準拠
  • 12ヶ月に一度、二次標準器を使用して行われる精密な調整

仕様

製品名

名称

規格

出力

PYR1-420

サーモパイル型日射計

ISO 9060, WMO, ISO 9846

4-20 mAカレントループ

調整  ISO9847に準拠 二次標準器による調整
証明書有
スペクトル範囲 300  - 2900 nm
入力範囲  0  - 1600 W/m2
応答時間 < 20秒
分解能 最小検出可能変化量 ± 4W/m2
スペクトル範囲 -40 - +80°C
出力 カレントループ 4-20mA 標準化出力
出力制度 傾斜(0  -  90°)  ± 2%
温度( ∆t = 50°K) <  4%
電源装置 9 - 30 Vdc  短絡防止・保護
カプセル クオーツドーム [k5] 二重特殊ガラス: 0.3 - 3.0 μm
本体 アルマイト
コネクタ  M8 3ピン メス
 寸法  IEC 60904-2に準ずる紫外線防止の透明樹脂
 本体  Φ 80 x h 75 mm

(1): 調整時の表示値を保持するために、20-24か月以内の再調整をお勧めしております。