太陽光発電と風力発電のための測定器(販売からサービスまで)

Soluzione Solare(ソルツィオーネ・ソラーレ)は、主に太陽放射エネルギーと温度の測定をし、太陽光発電設備のパフォーマンスを管理するための計測器を生産する企業です。

fotovoltaico_ingrandita.d1323856905装置が常に計画時の予測通りの値を保持しつつ、エネルギーを生産している。それを実現するための最も有効な方法は、もちろん適正な計測器を用いて太陽光発電装置を観測することです。

私たちの作る計測器は、機器の導入の簡易さやコストにおいても定評があります。

2009年の技術展EUPVSECで出展されたRS485 Modbus出力を備えた全天日射計「サンメーター」が、その実績を示すように、私たちの原動力はイノヴェーション、インテリジェンスそしてユーザーが使いやすいと思ってもらえることへの想いです。

icona-video全天日射計「サンメーター」は、200kw以上の地面に設置する大型太陽光発電装置に適しています。

200kW以下の太陽光発電装置の場合は、アナログ出力を備えた「ライトメーター・カレント」または「ライトメーター・ボルテージ」をお勧めしています。

サーモパイル型日射計は太陽放射計測の広範囲をカバーします。太陽電池型日射計に比べ、サーモパイル型日射計は広く計測することが可能(330 – 1100nmに比べ、300 – 2900nm)で、主に天候観測用や投資家による太陽エネルギーの計測に使用されます。これらはISO 6090に準拠して製造されています。

2012年からは、RS485 Modbus出力を備えた風杯型風力計、「ウインドメーター」も生産しています。RS485 Modbusは電磁気的影響にも強く(EMC:電磁両立性)、長距離において信号を保たなければならない環境下で、より信頼性の高い製品を生産するための規格です。

弊社の計測器は全て精密な電子機器を搭載しております。そして、これらの計測器を構成する全ての要素が、室外での長期の使用を前提に考えられています。

そのため、弊社の全ての計測器はIEC EN 61215を基準とした経年劣化のテストを通過いたします。

特定の基準や規定された見本によって調整が行われないとすれば、計測器はその意味を成しません。

弊社の計測器は、各々が特定の基準にそった (太陽電池型センサー:IEC 60904、サーモパイル型センサー:ISO9847)、信頼のできる確かな技術によって調整されています。